北野保育園は「和・気・愛・愛」をもって、地域の子育ての支援を行います。

保育園ブログ

猛暑と水

≫ 続きを読む

2015年07月31日   北野保育園

あらたな出会いへ

 まあ、なんというおおおげさなタイトルかとお思いでしょうが、タイトルというのは読み手の気を引き付ける大切なツールであります。ですので、いったいなんなのかと少しお付き合いくださいませ。

 ことはだいぶ時間がたってしまい、ブログとしては賞味期限切れではありますが、皐月のみそかの前日という最終土曜日。この日は我が園にとって2回目の参加となる「徳丸わくわくまつり2015」の開催日でした。当日は

≫ 続きを読む

2015年06月23日   北野保育園

あんず林のどろぼうを知ってますか

 新緑が目にまばゆい季節になりました。新緑や色とりどりの花を見ているとやさしい気持ちになります。

 先日、0歳児ひよこ組の子どもが本園に遊びに来ました。そのとき久しぶりに気づいたことがあります。それは、なぜこんなに赤ちゃんの瞳は澄んでいるのだろうかということです。1歳児以上の子どもたちの瞳は澄んでない、ということではありません。子どもがいろいろなことに取り組むようになると、目にも意志があらわれてひとりひとりが違う輝きをみせます。ところが・・・

≫ 続きを読む

2015年04月30日   北野保育園

もうすぐ春です!

梅の花が園庭に咲くと、春が間近であることを感じます。梅の芳しい香りは春のにおい。冬の寒さに耐えてようやく開花した梅がその喜びを可憐な花とにおいに託しているかのようです。日本の社会は4月が年度始まりであるために、春は他の季節と違い、別れと新しい出会いの季節でもあります。

≫ 続きを読む

2015年03月02日   北野保育園

雪が降れば思い出す

 今年になって何回か雪が降っていますが、幸か不幸か「♪子どもはよろこび、庭かけまわる~♪」までの積雪ではありません。子どもは残念!大人はホッ!でも、今日も夕方から未明まで降り続くとか予報で言ってるもんだから、ほんとに明日の朝が気になります。しかし、雪といえば(本文に続く)

≫ 続きを読む

2015年02月05日   北野保育園

新しい年を迎えました

≫ 続きを読む

2015年01月06日   北野保育園

皇居乾通りの紅葉が見たい!

≫ 続きを読む

2014年12月05日   北野保育園

「徳丸わくわくまつり2014」を開催しました

 11月1日に「徳丸わくわくまつり2014」が開催されました。北野保育園、マイライフ徳丸、徳丸福祉園という3つの福祉施設が板橋区の社会福祉協議会と一緒になって行うおまつりです。昨年までは保育園をのぞく三者が「徳丸福祉のつどい~徳丸マイフェスタ~」という形でやっていました。ちょうど昨年から北野保育園も高齢者施設マイライフ徳丸を訪問するようになって、施設長の高麗さんからぜひ参加を、とお誘いを受け、参加することになりました。徳丸という町に児童、高齢、障がいの三つの福祉施設が存在するのも縁です。それならばなんとか共同でなにかできないかというのが高麗施設長、徳丸福祉園、板社協の願いでした。

≫ 続きを読む

2014年11月04日   北野保育園

運動会がんばりました

 台風が2週続けて日本を通過していきました。幸い、園には被害がありませんでしたが、日本各地で大きな爪痕を残していきました。

 

 そんな台風の間隙をぬって、11日にはさわやかな秋の空気を感じながら運動会を行いました。0歳児から5歳児までそれぞれ楽しく踊ったり、一生懸命走ったり。わたしが目指す園は「ひとりとみんなが輝くところ」です。運動会の日の子どもたちは遊戯でも親子体操でも競技でもかがやいていました。0歳児には0歳児の、5歳児には5歳児の輝きが見られました。発達段階がちがっていても見せる輝きは同じです。

 午後は親子競技やリレーが続きます。4歳児のリレーと5歳児のリレーは一学年とはいえ、走りに差があり、もうすぐ1年生のさくら組はさすがと思わせる場面ばかりでした。バルーン、組体操ばかりでなく、開会式のリーダーや準備物のお手伝いをする姿に来賓でいらした北野小学校の校長先生や副校長先生は感心していました。そう、来賓のかたもたくさん来てくださいました。ありがたいことです。卒園児も例年は兄弟関係の小学生が多いのですが、今年は兄弟姉妹のいない卒園児が何人も来てくれました。うれしいことです。

 職員が実行委員を組織して行事を終わらせるまでは緊張がずっと続きます。今回、すばらしい運動会ができたのは縁の下の力持ちとなるスタッフが計画的に進行を進め、主役である子どもと保護者がかがやく場になったからです。みなさん、どうもありがとうございました。 園長 田中 裕

2014年10月14日   北野保育園

秋なのか夏なのか

 正統的な夏ではなく、なんとも困った8月でした。35度超えが続いてギブアップしたくなったら、急に雨続き。涼しいのはいいのですが、お天道様が何日も見られず、子どもはプールに入れず。東京はまだそれでも晴れた日が多かったと思いますが、広島を始め土砂災害に見舞われた地域など、被災地にはお見舞い申し上げます。また、天候不順により作物への影響は避けられません。日々の食事や給食まで心配ですね。

 防災の日は避難訓練も引き取り訓練も雨の中行われ、梅雨みたいな天候に辟易していたら今日は久しぶりの晴天になりました。どのクラスも待ってましたとばかり、お散歩にでかけました。5歳児は毎月恒例のゴミ拾いも行いました。ゴミ拾いは公園に行くのですが、曜日の関係かまったくゴミがない時もあります。今日は燃えるゴミ、不燃ゴミをあわせて700グラム超でした。子供たちはトングを使って本当に喜んでゴミ拾いに参加します。小中学校も定期的にゴミ拾いを行えば、どれほどゴミが多いか、そして、ゴミを捨てないという意識が定着すると思うのですが・・・。

 なんか脈絡のないことばかり書いていますが、このあとまた夏に戻るような気温になることが心配です。せっかく秋らしい虫の音が夜の街から聞こえるようになったんですから。(ちなみに3歳児のばら組からは鈴虫のすてきな合唱が聞こえてきますよ!)

 来週は1~5歳児まで敬老の集いがあります。園に遊びに来ることができるおじいちゃん、おばあちゃん、楽しみにしていてください。高齢者施設訪問もマイライフだけでなく、最近は有徳高校の近くの「徳丸ふれあい館」にも遊びに行っています。そして、そろそろ運動会に向けて動き出しました。充実した秋にしたいですね。 園長 田中 裕

2014年09月02日   北野保育園

ページのトップへ戻る