北野保育園は「和・気・愛・愛」をもって、地域の子育ての支援を行います。

保育園ブログ

電車の光景―風景進化―

電車内の光景が変わった。もう何年も前からだが、電車通勤しなくなって6年経つのでたまに乗ると目に付く。高校1年生から30年間電車通い(しかもずっと山手線内回り)という筋金入りの電車男から見ると、ここ数年の光景は異様だ。座っている乗客のほぼ全員が、

≫ 続きを読む

2016年06月10日   北野保育園

GWはBBQでSIです

あわただしい4月が去ってしまい、世の中GWです。土曜日保育は職員も当番制ですが、4月30日と5月7日に当番がなくて、5月2日と6日に休みを取ると、なんと10連休なんですね!職員に「休み取れば?」と水を向けましたが、さすがに

≫ 続きを読む

2016年05月02日   北野保育園

28年度がスタート

幼稚園や、小学校と違って3月31日まで普通に登園していた子たちが急に次の日からいなくなるのは寂しいものです。春は出会いと別れの季節なので、新しい子どもたちがやってきました。北野保育園は本園、分園あわせて44人もの新入園児が入りました。顔と名前を覚えるのが大変です。2日めからは子どもが保護者と離れるため、この時期はあちこちで泣く子がいて大変にぎやかです。泣くことも笑うことも人間として感情を表に出す大切な営みです。すべてを含めて子どもを愛おしいと感じることを法人の理念にも謳っています。子どもがこれからどのように成長していくか保護者と一緒に共育てを楽しんでいきたいと思います。

≫ 続きを読む

2016年04月13日   北野保育園

人ってつながってます

先日、地域の子育て家庭を対象に「タッチケア」を開催しました。講師のH先生はもともとA主幹保育士が前職の保育園でタッチケアをお願いしていた方。実はこの先生、

≫ 続きを読む

2016年03月07日   北野保育園

「徳丸たんぼ」を知っていますか

 梅の花がきれいです。本園の梅の木は年末に開花して1か月以上たって満開になってきたという感じです。年末年始が暖かく、1月中旬から急に寒くなったからでしょうか。北野保育園の名前の由来は

≫ 続きを読む

2016年02月03日   北野保育園

新年を迎えました

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

今年は暖冬かと思いきや、昨日から寒くなり冬らしくなってきました。12月は胃腸炎の感染症がはやりましたが、インフルエンザはおらず、暖冬のおかげかなとも思っていましたが、寒くなってくると流行が心配されます。

≫ 続きを読む

2016年01月13日   北野保育園

北野小の60周年式典で昭和40年代を語った

 小春日和の多かった11月は、アニバーサリーの多い月でもありました。結婚式が2件、近隣の北野小学校の60周年記念の式典や祝賀会が集中してあったためかあっという間に11月が終わった気がします。

≫ 続きを読む

2015年12月01日   北野保育園

しぜんの国に行ってきました

霜月の名称どおり、寒い11月の始まりとなりました。長期予報だと11月は暖かいらしいですけど、今日は冷たい雨、冬みたいな気温です。体調管理が大切になる時期ですね。

さて、先月の下旬に板橋区私立保育園園長会の管外視察研修と東京都社会福祉協議会保育部会の取材で週に2回同じ保育園に行ってきました。

≫ 続きを読む

2015年11月02日   北野保育園

うんどうか~いでチャッチャチャチャ

10日に運動会がありました。朝から秋らしい太陽が出て、まさに運動会日和。今年の保育のテーマである「うた」を運動会にも入れ込みましたが、子どもたちは朝から元気よく「うんどうか~いでチャッチャチャチャ!」と歌って幕が開けました。

≫ 続きを読む

2015年10月15日   北野保育園

読書の秋だねえ~虫の音をBGMに~

 出版業界が不況にあえいでいるのは有名な話ですが、最近は芸能人が芥川賞を受賞するなど、「本」が活気づくニュースも報道されています。本屋さんに行けば大きな書店であればたいていどこでもレジに長蛇の列。けっして電子書籍に多くの人がシフトしたわけではないと思うのですが。それとも、どの分野にも共通する二極化でしょうか。

 4月から職員みんなで読書記録をつけています。新制度により、今まで以上に「質の高い保育」の提供を求められます。そのためには、職員は保育の専門性だけでなく、社会の動静をとらえ、社会人としてのマナーや、おとなとしての知識、教養を身につけていかなければなりません。ネットだけの情報でなく、書物にじっくり向き合い深く考える時間も持つ。人間いくつになっても勉強しないと成長できません。

≫ 続きを読む

2015年09月01日   北野保育園

ページのトップへ戻る