北野保育園は「和・気・愛・愛」をもって、地域の子育ての支援を行います。

保育園ブログ

8月は葉月といいます

 今日から8月。小学生から大学生までは夏休み本番といった感じで楽しい月なのでしょう。働くおとなと、ほとんどの保育園児にとってはいつもとそれほど変わらぬ(私のような暑さ嫌いにはきついきつい)月かもしれません。いや、園児は毎日水遊びができるけど、おとなはそういうわけにもいきませんから、休める日を心待ちにするしかありません。

 本園の職員室から見る園庭にはケヤキとサクラの葉が生い茂り、なるほどうちの園は葉月っていう名に似つかわしいな、とやや涼しげな木陰を見て納得。しかし、この暑さはどうにかならないのでしょうかね。冷夏とか言ってたのはなんだったのか。

 先日、八王子の誠美保育園に行ってきました。施設見学と近くにある首都大学の会議室を借りての勉強会です。園長の仕事には対外的なことが非常に多いのですが、現在私は板橋区の私立保育園園長会と東京都社会福祉協議会保育部会の仕事をしています。この後者の東社協では広報委員会と青年委員会の2つの活動に所属しており、両方とも他のいろいろな保育園の取材、見学があるため大変勉強になります。一昨日行った誠美保育園は南大沢という未来都市のように開発された街にあり、7割の保護者が車で子どもを送迎するため20台近くの駐車スペースがありました。広い園庭は全面芝生でなんともすてきな空間です。保育室は25年以上前に建てられているので新しくはありませんが、壁をはずして3~5歳児の垣根がないように工夫されていました。他園見学に行くとそれぞれいろいろな環境の工夫がありますが、誠美保育園の園長の折井先生がすばらしいのは、施設のハード面の土台となるところに職員の人材育成の考え方が実にしっかりしており、それが保育理念や環境構成に結ばれているところです。プレゼン力もすばらしく聞きほれてしまいました。おおいに見習わなければと思い、遠い八王子まで出かけたかいがあったと充実した一日でした。  園長  田中 裕

2014年08月01日   北野保育園

大盛況の夕涼み会

 7月19日(土)に恒例の夕涼み会が行われました。心配していた天候ですが、終了時間とともにザーザーの降雨!無事終わってよかったです。

 今年の目玉は、キッズスマイルカンパニーのアーティスト「ちゃりー」こと河野理さんのパフォーマンスでした。「ちゃりー」さんは日本全国を回っているアーティストで多忙な中、いらしてくださいました。また「ちゃりー」さんは板橋区の私立保育園の保育士研修の講師に何度もお願いしている男性保育士でもあり、現在は世田谷のある保育園の分園の施設長をされているそうです。多彩な手遊び、手品、パントマイムなどにおとなも子どもも大喜びでした。(園長ならあれぐらいやってほしい、なんて無理なこと言わないでくださいね!)

 また、盆踊りでは今年も卒園児のS君とT君の兄弟がすばらしい和太鼓をたたいてくれました。2回ともたくさんの子どもが参加して踊り、夏祭りらしさが感じられたのも和太鼓があってのことだと思います。S君、T君本当に毎年、ありがとう!

 新しくはじめたオリジナル缶バッチ製作も大人気でした。この企画は実は板橋区社会福祉協議会の協力によってできたものです。缶バッチ作成機の貸し出しだけでなく実際に手伝いに来てくださいました社協のお二人にも改めて御礼申し上げます。そして、二人とも「こんなにたくさんの人が作ったのは初めて」とびっくりされていました。(この缶バッチ製作は実は秋にも、もういちどチャンスがあります。こうご期待!)

 在園児の家庭だけでなく、卒園児、地域のかたなどたくさんの人に参加していただき梅雨明け目前の楽しい夜を過ごせたことをうれしく思います。参加してくださいました皆様、運営に尽力してくださいました職員のみなさん、板社協のNさん、Yさん、ゲストのちゃりーさん、本当にありがとうございました。   北野保育園 園長 田中 裕

 

夕涼み 画像.jpg

2014年07月22日   北野保育園

笹の葉サラサラ

今日は七夕。残念ながら星空は見られそうにありません。それでも子どもたちは(職員も)大事な大事な願い事を笹竹の葉っぱに結わえました。午前中には、本園に北野ベビールームや地域の方の参加があり、楽しい七夕の集いができました。(織姫と彦星の寸劇にサンタクロースのような白髭の神様が現れて、ちょっとびっくりして泣いてしまう園児もいましたが。)笹の葉、サラサラ~の歌はみんなきれいな声で歌っていました。みんなの願い、かなうといいですね。

≫ 続きを読む

2014年07月07日   北野保育園

動物園にいってきました

 例年ほど暑くなく、今年は過ごしやすいなあと思っていたら、いきなり30℃以上の真夏日が続き、かと思ったらいつもより早く梅雨入り。北海道の猛暑日といい、四国の大雨といい、やはり異常気象はどんどん進んでいるのでしょうか。

 そんな天気の合間に4,5歳児が親子遠足に行きました。行先の上野動物園には地方から来た中学生や親子連れでいっぱい。平日でもこんなに賑わっているのかと少々驚きました。幸い起きているパンダも見ることができましたし、ゾウもキリンもトラも暑そうでしたが子どもたちを喜ばせていました。動物園に入る前に、親子遠足の大きなねらいである親子、クラスみんなで触れ合う機会を設け、保護者のみなさんに協力していただいて楽しいレクリエーションができました。ありがとうございました。

 4歳児ふじ組のレクは「猛獣狩りに行こうよ」でしたが動物園では猛獣を目の当たりにして子どもたちはどう感じたでしょうか。私はトラやクマの大きさにびっくりしましたが、山の中であんなに大きなヒグマと出会ったらホントに足がすくんでフリーズしてしまうでしょう。

 でも、実は動物園の動物たちは人間に見られるストレスを感じているといいます。最近の動物園ではそこに配慮して自然に近い環境に仕立てたりと見る・見られるの工夫がしてあります。そして、保育園という施設にも子どもたちが感じるストレスを軽減すべく家庭に近い環境設定が求められます。我が園ではまだまだ工夫の余地だらけですが、少しずつ落ち着ける家庭のような空間を作れればと思っています。                                                                   園長 田中 裕

2014年06月04日   北野保育園

花の写真

 過ごしやすいいい季節となりました。このあと梅雨が来てじとじとじめじめには辟易しますが、最近の五月晴れの日の気持ちのいいこと。風が強い日も多いのですが、お散歩にはもってこい。お昼ご飯のあとの0歳児のお散歩はみんな心地よさそうです。中にはすぐにうとうとしてしまう子も。

さて、GWが終わっておうちでたっぷり遊んだ子どもたちの中には、保育園の生活を忘れてしまって日中泣く子もいます。新入園児に多いのですが、第二のおうちとして子どもたちが安心してくつろげる場所にすることが保育園の課題と言えます。各クラスの栽培等も始まりますが、お花や緑がいつも子どもたちの視界にある環境など目に優しい自然に囲まれた生活が子どもの情緒の安定に欠かせないのではないかと思います。休みの日にフラワーフォト講座というものに参加しました。花の写真を撮るのですが、とても難しく集中力を要します。先生が撮った花の写真はすばらしい気を出していました。明らかに自分が撮った写真と花の美しさが違うのです。私も腕を上げてすてきな花の写真を家や園に飾れるようにしたいな。

                               園長 田中 裕

2014年05月14日   北野保育園

「世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」

 六歌仙の一人、在原業平が詠んだこの和歌ほど日本人の桜に対する思いが表れているものはありません。もし、この世に桜というものがなかったならば、春は穏やかな心もちでいられたのになあ、という古人の思いとは。

人は桜の開花を待ちわびる頃から、そわそわします。そして、開花。三分咲き、五分咲き、そして、満開!と思いきやすぐに風が花を散らせてしまう。こんなに気もそぞろにになるのならいっそのこと桜なんてないほうが・・・という逆説的な歌なのですが、まさに今年も咲いたと思ったら前線がやってきて雨は降るわ、突風が吹くわ。まあ、このはかなさというか、潔さというか、期間の短さが日本人の琴線に触れるのでしょう。

それでも、今年度の入園式にはまだ園庭の桜は十分に残って新入園児を祝福してました。慣れ保育も終わり、一日フルに保育園の生活が始まっています。たくさんの見知らぬ大人に人見知りして泣く子、最初は事情がわからずニコニコしていたのに「今までと違う環境だぞ」という現実を受け入れざるを得なくなって不安になっている子。

毎年の光景ですがこれは大事な成長の過程です。ここから人への信頼感や安心感がまた新たに育っていくのです。そんな子どもに「早く環境に慣れて!」などと焦ってはいけません。子どもは桜ではないので大人が焦ってもすぐに咲きません(変わりません)し、満開になっても散りません。じっくり、ゆっくり、まったりといきましょう。

                               園長 田中 裕

2014年04月16日   北野保育園

卒園式

 すばらしい晴天のもと、61回目の卒園式が終了しました。呼名に応える元気のよい返事、きらきらした目の輝きを間近で見ながら子どもひとりひとりに保育証書を渡せるのは園長の特権!そして、子どもたちの証書授与のときの立派な態度には感心しました。小学生の卒業式かと錯覚するくらいのすばらしい態度でした。後半には涙する子ども、保護者が増え、感動的な式になりました。謝恩会ではさきほどの態度とは正反対の無邪気な子どもたちに戻り、おおはしゃぎ。それでも最後には親子で新沢としひこさんの「にじ」を手話つきで歌ってくれました。この歌を聴くと条件反射のように涙が出てきますが、歌詞のすばらしさと、子どもたちが年中児のときに発表会で一生懸命歌っていた姿を想起するからです。

 なお、式には地域から板橋区議会前議長の石井勉様、徳丸親和会の会長で第三者委員をお願いしている会田藤治様がお忙しい中、参加してくださいました。ありがとうございました。

                               園長 田中 裕

2014年03月15日   北野保育園

伝承芸能を観る会がありました。

・東京では13年ぶりの大雪警報、45年ぶりの積雪でどこもかしこも雪国の光景となっていました。犬や子どもは喜び庭駆け回り、おとなは雪かきで消耗する・・・。それどころか交通網の乱れ、足元の危険など本当の雪国の方から見れば苦笑されるような状態になってしまいます。雪といえば、私が小学校の3年生頃から高校生の間までほとんど降ったことはありません。最近は温暖化といわれながらも毎年数回は雪景色が見られるようになりました。ソチオリンピックも開幕しました。日本は10代の若い選手の活躍も、40代のベテランの活躍も期待されています。(地元のロシアはとっても強いですけど)

・保育園では先日、地域の徳丸宮元囃子連中という方々が「伝承芸能を観る会」という企画で回ってきました。獅子舞、福の神、鬼が交代で出てきますが、小さい子の中には、福の神にも大泣きしてしまう子も。しかし、地域の方がこうやってあちこちの保育園、幼稚園を回ってくださるのは、とてもありがたいことですし、貴重な機会なのでこれからも毎年続けてほしい行事です。ちなみに今年は近隣の家庭福祉員の方や、高齢者施設の方もいらして一緒に鑑賞ができました。ありがとうございました。

                               園長 田中 裕

2014年02月12日   北野保育園

やきいも会がありました

 

 

・本園で毎年恒例の「やきいも会」を実施しました。冬といえば熱々のサツマイモがおいしい季節です。北野保育園にはシンボルツリーともいうべきケヤキが2本あります。このケヤキの落ち葉をたき火にして「やきいも」をやるわけです。子どもたちはいつお芋が焼けるのかとわくわく!年長さんは「先生、いつ食べるの?今でしょ!」の連呼。近くにお住まいの方が10組、小さなお子さんを連れて参加してくださいました。

・落ち葉がないために公園で集めてきたり、煙が出ないようにガスで焼いたりしている他園の話を聞くと、落ち葉を集めてたき火をして、芋を焼くなんて、今の時代こんな贅沢な環境はないでしょう。(近隣の方には煙で迷惑をかけて申し訳ありません。)

・昨年は分園も別に焼き芋ができたのですが、分園の大家さんの敷地にマンション建築がはじまり、今回は残念ながら実施できませんでした。

・1月8日にはもちつき、今回は焼き芋と日本の冬の風物詩ともいえる行事を行い、子どもたちに伝えていくのは保育園や地域の役割です。今後も子どもたちに大切な文化を伝えていきたいと思います地域の方もぜひ、ご参加してください。

*たき火を行うにあたって、消防署と区役所には届け出をしてあります。

                               園長 田中 裕

2014年01月16日   北野保育園

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

みなさん新年をどのように迎えられましたでしょうか。今年は午年(うまどし)、軽快に走る年にしたい、と言いたいところですが馬ではなく、牛、つまり牛歩が大切なこともあります。子どもの成長があまりに早いとおもしろくありませんね。子どもが小さいうちは「はやく立たないかな」「はやく歩かないかな」「はやく喋らないかな」と思ってしまうもの。ところが、子どもが大きくなると「あのころはかわいかったのに」などと子どもに言ってしまったり。もっと子どもが大きくなると親のほうが相手にされなくなったり(笑)。だから、乳児期、幼児期というのは本当にかけがえのない子育ての時期なんです。長いその子の人生のうち、ほんの数年。毎日が新しい発見なのは乳幼児のうちだけ。そう考えて子どもに接してあげてください。

冬はこれからが本格的な寒さを迎えます。地球温暖化の影響で夏は猛暑で長くなっているのはわかりますが、「猛暑の年は冬が寒い」などというのは意味が分かりません・・・なんか世の中両極化しているのでしょうか。春や秋の風情といったものはどこへ行ってしまったのか。まあ、雪が降ると子どもは大喜びするし、暖冬よりはきっぱりと寒いほうが潔い!なんていう人もいますけど。

とまれ今年もよろしくお願いします。    園長 田中 裕

2014年01月01日   北野保育園

ページのトップへ戻る